お墓の歴史③土壙墓:縄文時代を中心に

土壙墓、というものがあります。

土壙墓は「どこうぼ」と読み、「土坑墓」とも書きます。

ひとくちに言うと、土に掘られた穴のことです。

日本において、古くから見られるお墓の形態というと、まずはこの土壙墓であると言っていいでしょう。

 

土壙墓は縄文時代の墓制として紹介されることもあります。

青森県の三内丸山遺跡なんかは非常に有名ですが、各地で発掘される縄文時代の遺跡には、この土壙墓の跡を伴うものが少なからず見られるようです。

 

 

上の写真は遺跡ではありません。

ある墓地で、弊社がお墓を建てる時に掘ったカロート(納骨室)用の穴です。

あくまでイメージ喚起素材としてご覧ください。

 

こう見ると、土を掘ってそこに遺体(遺骨)を埋めるというのは、「埋葬」という行為の基本形態であり、グラウンドレベルより上に置かれるモニュメントは複雑になったものの、現代のお墓もある意味では土壙墓である、と言えるのではないかと思ったりします。

ですので、縄文時代のお墓は土壙墓であった、という言い方は厳密には正しくありませんね。

土壙墓は縄文時代以来のお墓である、と言うべきかと考えられます。

 

これから時代を経るにつれて、お墓の形態は複雑になり、有力者のお墓に至っては、古墳という大規模なものにもなっていくわけですが、他方で庶民のお墓は、どんな時代であろうとただ穴を掘り、そこに遺体を埋めるだけというものが中心だったろうことは、想像に難くありません。

その意味では、土壙墓というのは日本のお墓の基本である、とまで言えるのかもしれません。

 

穴に遺体を安置する際の形にもいろいろありました。

屈葬とか伸展葬とか、聞いたことがある方もおられるでしょう。

これらの言葉は遺体の体位を示していまして、屈葬ならば三角座りのように体を折り曲げて土壙の中に置いたもの、伸展葬であれば全身を伸ばして土中に入れたものを言います。

屈葬というのは不自然な形にも思われますが、母胎にいるときの赤ん坊の姿勢をかたどったものという説があります。

ともあれ、なんらかの意味が込められているのはたしかでしょう。

 

抱石葬といって、その言葉通り、石を抱いて埋められている遺体というのも発見されているそうです。

これなんかは、死者の霊が悪霊のごときものになってさまよい出てこないように、という一種の魔除けと解釈するのが妥当かと考えられます。

これが別の形態をとると、死者を埋めた上に石を置く、ということにもなったでしょう。

だからといって、現代にまで続くお墓が魔除けである、と結論づけるのは早計ではありますが。

 

ただ、両墓制と言って、遺体を埋める「埋め墓」と実際にお参りに行く「詣り墓」とを分ける場合、埋め墓の墓上装置としては魔除けと解釈されるモニュメントが置かれることが多いようです。

その意味で、悪霊とか魔除けといった発想と、お墓とは切り離せない部分があるでしょう。

もっともこの場合だと、「石のお墓」は魔除けに相当する部分ではなくなるわけですが。

 

土壙墓、というのはそれ自体は単純なようでいて、やはり突っ込み始めると考えるべき要素が多いですねえ。

人間の死生観というのがそれほど複雑ということだと思います。

 

次回は少し時代を下って、弥生時代の墓制について触れてみたいと思います。