新規建墓・お墓のリフォーム工事④五条西山共同墓地

このところずっとお伝えしている工事の続きです。

なにせ間口・奥行ともに4mという大きな区画に、芝台付の尺角石塔が3基、古墓やお地蔵様が計6基並んでいるという立派な墓所ですので、作業内容のボリュームも相当なものです。

メインの仕事は、新しい芝台付の和型尺角石塔と霊標を建てることで、新規建墓です。

大変ありがたいことです。

他に巻石の解体据え直しであったり、古墓の傾き直しや補修、雑草対策など、リフォーム関係の内容も盛りだくさんです。

 

前回までに、巻石の復元であったり、新規石塔のためのカロート(納骨室)の設置といったところまでご報告してきました。

普通の順番でいくと、今回は新規建墓の本体作業をご紹介するところなのですが、それは少し後回しにして、本日は古い石塔の補修作業を取り上げてみたいと思います。

まずはあらためて、施工前の全体写真をご覧ください。

 

 

区画の奥側に並んでいる、より大きな石塔3基が、御影石の尺角石塔です。

その手前一列に、古い石塔が5基並んでいます。

そのさらに手前、向かって右端にお地蔵様があります。

区画内の土が痩せて、地面にうねりができているため、それに応じて石塔やお地蔵様が傾いているのもひと目でおわかりになるかと思います。

いずれも傾き直しを行ないますが、今回特にご注目いただきたいのは、向かって左端から2番目、サイズが小さいのでほとんど全体がお供えの花に隠れてしまっている石塔です。

 

お墓に使う石は、一般に御影石と呼ばれる花崗岩が、今ではほとんどで、一部に安山岩もあります。

中でも花崗岩は非常に堅牢なので、お墓にはもってこいな材料です。

しかし昔はそれほど硬い石を加工するのは大変な作業だったため、江戸時代のお墓なんかは比較的柔らかい砂岩を使うことも多くありました。

ところでこの砂岩ですが、経年で全体的に脆くなる他、表面から層状に剥離してくるといった特徴があります。

こちらの墓所の左から2番目の墓石も、とりわけそういった劣化が進んだ状態だったため、その補修も今回の仕事内容に含まれているというわけです。

というわけで、細かい作業を行なうために会社に持ち帰ってきました。

 

 

 

このような具合で、気楽に譬えるならば、要は立体ジグソーパズルです。

割れている部分、欠けている部分、剥離している部分を合わせ、できる限り元通りの収まりへと復元して接着していきます。

これをまた現場へと戻して、傾きも直しつつ据え付けます。

上から四分の一くらいで完全に折れている部分は、抉れたようになっていますので、この部分はセメントで埋めます。

 

 

そこは職人も熟練ですので、なかなかきれいに補修できるものです。

小さな石塔とはいえ、きれいになると、これだけで気持ちのいいものです。

 

さてまた稿を改め、次回はいよいよ新規建墓の部分をご報告したいと思います。