墓所の撤去工事:五条西山共同墓地

前回に引き続き、お墓の撤去工事の施工事例となります。

前の記事では、お寺さんの境内墓地での撤去工事、それも同時に行なった2件を一緒にご覧いただきました。

今回はまた少し趣きが変わりまして、地元の共同墓地での作業となります。

現場は当ブログでもお馴染みになりつつあります五条西山共同墓地。

唐招提寺さんにもほど近く、弊社近隣では最大規模の共同墓地です。

サポートセンターの本社からは車で五分程度という近距離にあります。

 

現場はこのようなところです。

 

 

石塔の解体撤去が終了したという時点になります。

写真に見える、丸太のような木材三本は、三又という道具です。

三本の木材が上で結び付けられていまして、ピラミッド型に開いて設置し、チェーンブロックをかければ、下にあるものを簡単に吊ることができます。

重いものを吊り上げるには、カートクレーンがあれば楽なのですが、昔ながらの共同墓地などでは、参道が途中で細くなっていたりしてクレーンが通れない場所が多々あります。

そういう場所で重い石を動かすのに活躍してくれるのが、この三又というわけです。

 

お墓の撤去は、石塔類のみの撤去と、巻石まで全部引き上げる全撤去の2種類に基本的に分けることができる、といつも申し上げております。

写真にも巻石が見えますね。

今回はこれも解体する全撤去となります。

区画を完全に更地にいたします。

 

巻石というのは、かなり古いものだと「土据え」といって、地面に差し込んであるだけの場合もありますが、大体はセメントで固定されています。

きちんとした施工のものだと、分厚い基礎があることも少なくありません。

それらを壊し、石を一本一本外して、運んでいくということになります。

 

解体を終えた後は、区画内の土が荒れた状態になっています。

必要な場合は新しい土を補充し、きれいに整地します。

場所によっては、整地した後に砂利を入れることもありますが、今回は土の表面を整地して作業完了です。

 

 

また写真がひどいピンボケですねえ……。

オートフォーカスが異常なのかもしれません。。

ともあれ、こんな風に更地になりました。

 

前回の記事でも少し触れたのですが、お墓の撤去というと、石塔を引っ越しさせる場合などもあり、必ずしも撤去件数=墓じまい件数とはならないのですが、やはり大多数が墓じまいなのは間違いないと思います。

とはいえ、お墓を撤去するということは、お骨の次の行先が問題になるわけです。

(お骨が入っていない状態でお墓を撤去される方も、ときどきはおられます。)

多くは納骨堂や永代供養墓に再納骨されると想像されますが、日本の法律では埋葬義務のような規定はないため、家の中に保管する手元供養になるお骨もそれなりにあるかと思われます。

いずれにせよ、亡くなった方のご遺骨が厚く供養されることを願ってやみません。

五条西山共同墓地でのお墓の撤去工事、これにて終了です。