新規五輪塔の工事①:五条西山共同墓地

前回までの記事で、「供養檀の撤去工事」というのをご紹介しました。

まずは写真をご覧ください。

 

 

これが施工前の原状写真ですが、区画内の正面向かって右側、小さな巻石の内側に古い石塔の竿石などが祀られている、この部分が供養檀です。

で、墓所内の供養檀だけを撤去する、という工事を以前に行なったわけです。

そのときの模様については、過去記事をご参照いただけると大変ありがたいです。

↓↓

供養檀の撤去工事①:五条西山共同墓地

供養檀の撤去工事②完了:五条西山共同墓地

 

墓所の中でもなぜこの部分だけを撤去したかといいますと、供養檀を取り去ったスペースに、新しく五輪塔を建てていただけることになったからです。

新規建墓工事となります。

ありがたい話です。

完成すれば、向かって左に代々墓の石塔、右に五輪塔が並ぶことになります。

五輪塔は日本の供養塔の代表格とも呼べる形式の石塔ですので、施工するにも一段と気合が入ります。

というわけで、今回は新規五輪塔の工事をお伝えします。

 

現場はこちらのブログ欄でもお馴染みになってきました、五条西山共同墓地です。

弊社の本社から車で五分ほどと非常に近く、また近隣でも有数の大きな共同墓地ですので、お仕事をいただく機会も多く、とてもお世話になっているところですね。

有名な唐招提寺さんも近く、お寺の門から近鉄の線路を越えて西に五分ほど歩いたところになります。

では早速工事に入っていきましょう。

 

 

これは五輪塔の基礎に当たる部分です。

納骨スペースを作りますので、まずは地面を掘り下げ、基礎杭を打ち込みます。

代々のお墓があるのに、五輪塔の方にも納骨スペース?とお思いになるかもしれませんね。

これはいろいろなケースがありますが、五輪塔の方に古いお骨を入れる場合もありますし、以前の石塔が立っていた下の土を入れることもあります。

また、やはり供養の印として納経、つまり写経をしてそれを納めるということもありますので、五輪塔の下にも納骨スペースを作る場合の方が多いです。

 

工事の手順としては、普通の石塔を建てる時とまったく同様です。

杭を打ち込んだなら、その上にメッシュ筋とクラッシャー(砕石)を施工します。

さらにその上に御影石の石棺をセメントで据え付ければ、納骨スペースの出来上がりです。

 

 

 

ピンクの糸を張っているのは、ご想像がつくかとは思いますが、隣の石塔と前のラインを合わせるためです。

われわれの言葉で「通り」を合わせると言います。

これ結構大事で、たとえば巻石を新たに据える時なども、隣り合った区画のラインがどのように通っているかは、まず注意を払うことのひとつです。

ともあれ、これでこの上に五輪塔本体を建てていく準備は整いました。

少し長くなりましたので、本番の建碑作業については稿を改め、次回の記事でご報告したいと思います。