供養檀の撤去工事①:五条西山共同墓地

今回は施工事例のご紹介です。

場所はこのブログ欄でもお馴染みになってきました、五条西山共同墓地。

世界遺産・唐招提寺から近鉄の線路を越えて西へ徒歩で五分ほど、近隣でも最大規模の共同墓地です。

弊社にとってもホームグラウンドと呼べるくらい、仕事で入らせていただく機会の多い墓地のひとつです。

 

今回のタイトルは「供養檀の撤去」ですが、単なる撤去ではなく、その後に五輪塔を建てさせていただくなど、わりと盛りだくさんな工事になる予定です。

ともあれ、そもそも供養檀とは何を指して言っているのか、といったところから始めましょう。

そのためにまずは現場をご案内します。

このようなところです。

 

 

8寸角芝台付きの石塔に、霊標もある立派な墓所です。

区画も広いですね。

で、供養檀というのは、区画の向かって右側にある、墓所内巻石が巻かれた部分を指して言っています。

実はこの墓所、数年前に一度リフォームさせていただいてまして、新しい石塔はその際に建てたものです。

供養檀には、リフォーム前に合った古い石塔の竿石、およびもう一箇所別の墓地から持ってきた霊標などをお祀りしてあります。

古い竿石の前に立っている笠付の石塔は、一般に名号塔と呼ばれるものです。

真宗なんかの場合、古い竿石を祀った前に建て、「南無阿弥陀仏」と仏様の名号を刻むことが多いので、そのように呼ばれることが多いです。

べつに名号を書く場合がすべてではないので、単に供養塔と呼んだ方がカバーできる意味合いは広いかもしれませんね。

 

さて、タイトルの通り、今回はこちらの墓所の中でも、この供養檀部分一式を撤去するのが最初の仕事になります。

ただ撤去するだけでなく、先にも少し触れたように、その後の空きスペースには五輪塔を建てさせていただく予定ですので、実にありがたい話です。

 

しかし現場の話をしているうちに、少し長くなってしまいましたね。

実際の施工については、記事を改め、次回ご報告させていただきます。