石塔のリフォーム工事①:西大寺共同墓地

今回は工事の事例紹介です。

お墓のリフォーム工事を取り上げます。

ひと口にリフォーム工事と言ってもいろいろあるんですが、今日ご報告するのは石塔のリフォーム工事です。

墓所の区画を縁取っている石のことを巻石とか外柵と呼びますが、そちらには手を触れず、墓所内に立っている石塔に関してリフォームを行なうということになります。

石塔のリフォームもさらに細かく分けることができますが、今回は全解体して組み直す作業です。

 

現場は弊社の本社から車で五分という立地にある西大寺共同墓地。

わたくしどもにとってはホームグラウンドのような墓地のひとつです。

本社のブログで取り上げる機会も多い墓地です。

今回はその、一坪くらいの大きさの区画で仕事させていただくことになります。

 

現場に到着しまして、まずは石塔の現状確認を行ないます。

欠けがどこにあるとか、作業を進める上でどこに注意しなければいけないかなど、現場で実際にたしかめ、作業手順を最終的に確定していきます。

区画内のどのような位置に石塔が置かれているかも、計測しておきます。

裏の巻石との間は○寸空き、左右は○寸空き、といったことです。

お施主さんからの特別のご要望がない限り、元通りの復元が基本となります。

 

で、早速ですが、石塔の解体に着手します。

石塔の下にはお骨が安置されていましたので、お骨は晒の袋に採骨しておきます。

石塔の復元作業が進めば再安置されることになります。

次の写真は、石塔の解体が済み、掘り方も終えて、カロート(納骨室)を復元するための下準備として、基礎杭を打ち込んだところです。

石塔の下の四隅を支えるように、杭を四本打ち込んでいます。

写真向かって右側に見えるのが、大谷石のカロート部材です。

状態が良かったので、今回はこれをそのまま復元します。

 

 

杭を打ち込んだ次には、さらに基礎作業。

クラッシャー(砕石)をまいて、メッシュ筋を施工します。

 

 

この上に大谷石のカロートを組み直していきます。

セメントと砂を水で練ったバサというものを置き、その上に大谷石を据えます。

大谷石というのは塀や門柱なんかにも使われる石の種類のことです。

比較的軽量で加工がしやすく、一時期は建材としていろんなところに利用されていました。

耐火性が高いので、昔でしたら焼却炉、最近ではピザ窯なんかにも採用されます。

お墓だとカロートに使われることが多いです。

次の写真のように納骨室を組みます。

 

 

これで石塔の地下構造部分は完了となります。

この上に、石塔本体を復元していくことになるわけですね。

ちょうどキリのいいところに来ましたので、メインの作業につきましては稿を改めてご報告いたします。